「ハロウィン」(2018)

  • 監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
  • 脚本:デヴィッド・ゴードン・グリーン、ダニー・マクブライド
  • 原作:ジョー・カーペンター、デブラ・ヒル
  • 製作:ジェイソン・ブラム、ビル・ブロック
  • 音楽:ジョン・カーペンター、コディ・カーペンター、ダニエル・A・デイヴィス
  • 撮影:マイケル・シモンズ
  • 編集:ティモシー・アルバーソン
  • 出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ニック・キャッスル、ウィル・パットン 他

1978年の「ハロウィン」の直接の続編としてその40年後を描く作品。

監督は「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた 」などのデヴィッド・ゴードン・グリーン。

主演は第1作目と同じくジェイミー・リー・カーティスが務め、彼女の娘としてジュディ・グリア、孫娘役にはアンディ・マティチャックが出演します。

実はわたしは、ブギーマンは知っているものの、オリジナル「ハロウィン」をちゃんと見たことがありません。子供のころテレビでやっていたのを断片的に覚えているくらいです。

ハロウィンシリーズ自体が8作あり、リメイクシリーズも2作と本当に愛されているものですね。

今回は1作目の直接の続編で、40年後を今描くということに興味があり鑑賞しました。公開日の夜の回で観てきたのですが、人の入りはそこそこ。コナンに流れている感じ。割と若い人がグループで観に来てましたね。

1978年のハロウィン、アメリカイリノイ州のハドンフィールドでおきた連続殺人。町を恐怖に包んだ怪物マイケル・マイヤーズは、それから40年に渡り精神病院にて拘束されていた。

40年前の惨劇の生存者ローリーは、マイケルとの対決と彼の殺害という目的のために生きており、厳重な警備を作り闘う術を学んでいた。

そしてハロウィンの夜、移送中だったバスで事故を起こし、マイケルが脱走。過去の惨劇の加害者と被害者、マイケルとローリーは宿命の対決へと身を投じる。

マイケル・マイヤーズ通称ブギーマン復活。

ということで、ちょっとお祭り感のあるような今作では、ブギーマン大活躍でグロ増しの描写もよく、その見せ方もかなり良かったと思いました。

マスクをゲットするまでのあの特別感のある扱いや、ブギーマン復活の瞬間なども結構アガるところですし、今回はマイケルが街中で殺人をしていく際の流れるようなカットが特に素晴らしいと思いました。

長回しでマイケルを追っていくカメラが特徴的。

臨場感を出しながらも止まるところではしっかりとカメラが止まって、一定の画面構成の中で建物の奥行構造を理解させながら、影や部屋の仕切りなどをうまく使って、マイケルの殺人を見せていく。

流れるように人を次々殺していくその淡々とした様子が、まさにブギーマンであるマイケルの真骨頂であり、ただ理不尽に吹き荒れる悪が恐怖を増していると思います。

そんなスラッシャー映画としての楽しい活発さを見せながら、今作はローリーのスタンスがただの被害者や犠牲者、追われるものではないところが見どころ。

連続殺人鬼ブギーマンおじさんVSブギーマン絶対殺すおばあさんのスクリーンでの大乱闘。

銃器の扱いがいちいちカッコいい、ジェイミー・リー・カーティスのクールなこと。叫んで逃げ回る役は孫娘のアンディ・マティチャックが担当する分、マイケルをこれまた彼と同じくらいの執念で殺しにいくローリー。

捕食者と獲物が矢継ぎ早に入れ替わるクライマックスでの戦闘は何よりも楽しかった。ふと目を離したら倒れていたはずのローリーがいないなんて、そんな襲う側が戸惑う演出は今まで見たことがなくて新鮮。

体を緊張させて、腕に力を入れながら座席で足を踏ん張る。そんな楽しい映画体験のスラッシャーホラー映画。

ブギーマンのお仕事っぷり、そしてローリーのハンターっぷり。かなり楽しい作品です。

ただ私としては、どこか悲しい作品でもありました。

というのも、ローリーのこの変貌ぶりと、彼女の、そして家族の人生を考えるといたたまれないなと思うからです。

ローリーはマイケルという理不尽な暴力の被害にあい、40年という人生の大部分を変えられてしまいました。武装し、警戒し、そして守るためとは言え娘に嫌われる人生。

彼女はさながらサラ・コナーのように、一度襲ってきた者の再来に備えそれだけを中心に生きてきたのです。

ホラー映画では女性が叫んで殺されてしまうことはありふれています。昔から怪物が美女を襲うというのは定番と思います。

ただ今作に関しては、その暴力によって女性が人生を狂わされ、もはや襲撃者を自ら殺すことでしか完全に終わらせることのできなくなった悲しさを感じました。

考えすぎなのかもしれないですが、どうにも男性の暴力(レイプと言っていい)に対する残酷なけじめのつけ方に見えてしまって。痛快なのは間違いないのですが、しかし自分の手で殺すためにもう一度襲ってくることを望んだり、そしてなにより人生が歪められてしまった事実が自分には切なかった。

捕まっていようが、この世に存在する限り、被害者の悪夢は終わらず。自分の手で葬り去る以外に、始まった暴力から逃れられないというのは、とても悲しい。今回の件で孫娘アリソンも絶対に忘れられないトラウマを負うと思いますし。

過去をあまり語らず、純粋で理不尽な悪としてマイケルを描き、それに魅了され同類と化す者まで見せる。そこから、暴力の加害者と被害者、本質的に暴力が持つ影響まで描いていると感じました。

音楽とかね、演出とか普通にホラーとして映画館でみてドキドキしながら楽しく観れる作品です。ただこうして振り返った時に、私はとても哀しい気持ちになった作品でした。

感想はこのくらいです。最後までお読みいただきありがとうございました。それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です