「サマリタン」”Samaritan”(2022)

「サマリタン」(2022)

SAMARITAN-AMAZON-PRIME-VIDEO-REVIEW

作品概要

  • 監督:ジュリアス・エイヴァリー
  • 脚本:ブラギ・シャット
  • 原作:ブラギ・シャット『Samaritan』
  • 製作 シルベスター・スタローン、ブレイデン・アフターグッド
  • 製作総指揮:ブレイデン・アフターグッド、デヴィッド・カーン、ガイ・リーデル
  • 音楽:ケヴィン・キナー、ジェド・カーゼル
  • 撮影:ダヴィッド・ウンガロ
  • 編集:ピート・ボドロー、マット・エヴァンス
  • 出演:シルベスター・スタローン、ジャヴォン・ウォルトン、 ピルウ・アスベック、ダーシャ・ポランコ、モイセス・アリアス 他

同名のグラフィックノベルを原作とし、かつてのスーパーヒーローが力を隠して生きていることに気づいた少年と、その元ヒーローの老人の友情を描くアクション映画。

監督はナチス×人体実験モンスターというB級映画「オーヴァーロード」で好きな人には好かれているジュリアス・エイヴァリー。

そして主演は「ロッキー」シリーズでお馴染みのシルベスター・スタローンが努めます。

またドラマシリーズ「Euphoria」に出演のジャヴォン・ウォルトンが伝説のヒーローサマリタンにあこがれる少年を演じています。

作品自体は結構前に完成していて、2020年内の公開を予定していたようです。何度か公開延期を繰り返した結果、2022年の8月末に配信公開になりました。

アマゾンスタジオが製作しているので配信以外での劇場公開はないですね。私もアマプラで配信され始めたので早速観た次第です。

「サマリタン」Amazonプライムビデオページはこちら

~あらすじ~

SAMARITAN-AMAZON-PRIME-VIDEO-REVIEW

グラニット・シティは経済の低迷と失業率の増加、格差社会が広がり治安が悪化している町。

ここにはかつてサマリタンとネメシスという双子のスーパーヒーローがいたが、ネメシスは過去の虐待や人間の残酷さを直視し、怒りと復讐のために悪人になってしまった。

暴れまわるネメシスを止めるため兄弟のサマリタンは何度も対決し、最終決戦となった工場の大爆発で両者が亡くなった。

英雄サマリタンにあこがれる少年サムは、母と二人暮らしだが貧しく、ギャングの仕事を手伝って小遣いを稼ぎ始める。

しかしそのメンバーに目を付けられリンチされているところを、近所に住む老人ジョーに助けられる。ものすごい力を見せるジョーは素手でナイフを掴み捻じ曲げ、手は傷すらついていない。

彼こそサマリタンだと考えたサムはジョーと親しくなっていくが、その一方でギャングのボスであるサイラスはネメシスがかつて作ったハンマーを手に入れていた。

サイラスは自分こそネメシスの復活と宣言し、人々を陽動して暴動を起こし始めた。

感想/レビュー

SAMARITAN-AMAZON-PRIME-VIDEO-REVIEW

溢れる超人映画の中で市井の目線

作品の狙いとしては溢れかえっているスーパーヒーロー映画に少し変わった風を吹かせようというところにも思えます。

テーマ性もそしてシルベスター・スタローンの起用についても80年代のノスタルジーがあるのですが、いまのMCU、DCのコミックヒーローの奔流の中ではすこし変わり種に見えました。

かつて超人がいたという世界において、彼らがいなくなてからすたれ果てた世界。

そこで少年が希望を抱くのは、現在における自分でも周りでもなくて、一発スーパーパワーで世界を変えてくれるヒーローというのは何とも複雑な気持ちになりますね。

これはジョーが言及するのもありますが、超人に頼ってばかりでは人々がより良い社会を自分たちの手で獲得できないということです。

今現在ただコミックヒーローが実写映画として展開するのを眺めて、息抜きのように、買い物するかのように消費する。

そんな中で観たので、着目点とかは結構好きな方でした。

渋いスタローンとなつかしさ

スタローンはもう76歳になって、さすがにバキバキの肉体で殴り合うようなアクションはしないのですが、やはりその年を考えると渋カッコいいしフィジカルのシェイプも素晴らしい。

見た目は引退したロッキーっぽい部分がありますが、過去のことも考えるとなんとなくジャッジ・ドレッドを思い出しました。

戦闘においても特に最終面では「エクスペンダブルス」のアジト突撃感があったり、敵を倒すときに”Have a Blast!”とかいう不謹慎殺し捨て台詞なんかもあって、すごく80sのアクション映画の空気が楽しめました。

SAMARITAN-AMAZON-PRIME-VIDEO-REVIEW

超人としての制約として、体の高熱化と心臓への負担があり、冷却を必要とするところが好き。設定自体が好きというよりも、こうした制限があるのって久しぶりな気がします。

最近はとにかくフリーで超人キャラの映画ばかり溢れていますから。

その部分が、サムという存在の重要さを最後高めていましたしね。

性善説と性悪説

少年と老人の友情ものとしてはちょっと物足りなくはあるのですが、しかしあこがれの英雄を見ていく中で人間とは、超人化そうでないかにかかわらず選択により善悪が分かれることを示す物語としては好き。

今作にも良い感じのツイストが用意されていて、それはある意味でサムの信じていたものを吹き飛ばしてしまいます。

はしご外しなのかもしれませんが、しかし、そこでサムにも選択の重要性が説かれるのです。

産まれながらに超人的な力を持っていたというサマリタンとネメシスの兄弟。

力というものはたしかに遺伝などで決まってるかもしれません。しかしどう使うか、何をするのかは選べる。

サムは環境のこともあって、いたずらする悪ガキからギャングの使いっ走りとして窃盗までしていく。

サマリタンに英雄像を映すほど善を信じていながら、力で相手を倒すことなどを追い求め始めている。(屋上でのサムのシャドウがキレがいいと思ったら、ジャヴォン・ウォルトンはボクシングやってるらしいですね)

そこでジョーと過ごし、何のために戦うのかどう生きるかは自分が決めると学んでいくわけですね。

マイケル・シャノンに似てる感じのする良い感じのルックのピルウ・アスベックももう少しカリスマが子しかったり惜しい部分があります。

全体にCGIの完成度には妥協があるとか、そもそもどことなくゲームのカットシーンの詰め合わせ的な感じがしたりとか。

それでも退屈はしなかったですし、現代的なスーパーヒーローの流れとスタローンが持ってくる昔の空気はうまいこと交ざっていたかなと思います。

アマプラ会員の方で時間があれば、もしくはスタローンが好きなら観てみるといいでしょう。

というところで短いですが感想はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。