「スター誕生」(1937)

  • 監督:ウィリアム・A・ウェルマン
  • 製作総指揮:ジャック・L・ワーナー
  • 製作:シドニー・ラフト
  • 脚本:モス・ハート
  • 撮影:サム・リーヴィット
  • 編集:フォルマー・ブラングステッド
  • プロダクションデザイン:ジーン・アレン
  • 美術:マルコム・C・バート
  • 装置:ジョージ・ジェームズ・ホプキンス
  • 衣裳:ジャン・ルイ、メアリー・アン・ナイバーグ、アイリーン・シャラフ
  • 音楽監督:レイ・ハインドーフ
  • 出演:ジャネット・ゲイナー、フレドリック・マーチ 他

戦前に日本でも公開されたもので、54年にはジョージ・キューカー監督のミュージカルとして、76年にはフランク・ピアソン監督により舞台が変えられリメイクされました。

アカデミー賞原案賞を獲得した作品です。当時大スターのフレドリック・マーチの名演も印象深いです。

映画界にあこがれ、ハリウッドに出てきたエスターは、人気俳優のノーマン・メインに出会い、ビッキー・レスターとして大女優へ成長していく。その一方ノーマンは人気が落ち、酒びたりになり始める。

ジャネット・ゲイナーのなんとも無垢で優しい雰囲気が素敵で、すぐにみんなに好かれる設定にピッタリの愛らしさです。

ノーマンを演じるフレドリック・マーチは当時大人気のスターですが、あえて落ち目を迎える俳優を演じるのはすごいです。

見向きもされず、陰口をたたかれ弱っていく姿はどんな役者もなりえる、恐れる姿なのかもしれません。

いや、それ以上にどんな人にも訪れる、老いや衰退を直視しているのかも。

テクニカラーの色合いが華やかさを増すほど、惨めになるノーマンの辛さも厳しく感じます。

スターになるということは観客、プロデューサー、監督などに愛される存在になること。自分を、愛する人を捨てることにも耐えねばなりません。

エスターにとってノーマンは大切な存在。スターを諦めてでもそばにいたいのです。ノーマンは一方で自分のせいでエスターの女優人生を無下にしたくない。

ですから究極の選択も彼はいとわなかった。

心を痛める覚悟はあるか。エスターが初めてハリウッドに来た時に問われるのですが、ノーマンの究極の愛を受け、その悲しみと失意を勇気にかえたエスター。彼女はまた映画界で頑張り続ける。

そこには最後まで愛する人の妻であり続け、夢をあきらめなかった女性の姿が残りました。

サクセスストーリーというより、真にスターになることの華やかさとその裏の覚悟を描いた映画でした。リメイク版もいつか見てみたいです。

それではまた次の記事で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です