「アナと雪の女王」(2013)

  • 監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
  • 脚本:ジェニファー・リー、シェーン・モリス
  • 原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン 「雪の女王」
  • 製作:ピーター・デル・ヴェッチョ、ジョン・ラセター
  • 音楽:クリストフ・ベック
  • 編集:ジェフ・ドラヘイム
  • 出演:イディナ・メンゼル、クリスティン・ベル 他

御存じ大ヒットディズニー映画。もはや映画というより社会現象の一つですね。

知らない人はいないくらいの作品で、日本では多くの世代にウケて歴代興行収入3位になる勢い。たしか日本の興行収入だけで北米での半分近いとか?

「Let it go」の歌はすごく流行りましたね。アカデミー賞では長編アニメーション賞ともちろん納得の主題歌賞を獲得しています。

ちなみに私は字幕版での干渉ですので、日本語吹き替えについてはよくわかりませんが、かなりキャスティングやローカライズに力を入れたようで、原語版と同等かそれ以上に愛されてますね。

エルサとアナ。二人の姉妹は仲良く王宮で暮らしていた。エルサは生まれ持って氷の魔法の力を持ち、アナと雪遊びなどをして遊んでいた。

しかしある日、その力の制御を誤りアナを傷つけてしまう。両親とトロールたちの所へ行きアナは回復するが、幸せな記憶を残してエルサの魔法のことは忘れてしまう。

時は過ぎ、二人は成長する。

しかしエルサは能力を恐れて部屋に閉じこもるように。魔法を忘れてしまったアナは姉に避けられることを悲しみ、寂しく過ごしていた。

え~と、お話としてはあのアンデルセンの「雪の女王」が元ですね。かなり改変されていますが。

その改変とそしてこの映画最大の魅力である歌の関係で、脚本的には素晴らしいとは言えないです。(結果としては良いと思います)

というのも、もともとはエルサがいわゆる悪、氷の魔女。そしてアナが主人公として活躍する予定でした。普通のディズニー映画なわけですね。

ところがエルサの曲として「Let it go」を先に作曲して聞いたところあまりに感動的な傑作でした。しかも内容として悪役には合わなかったのです。

そこで急きょエルサをアナと2人主人公にし、脚本を大幅に変えたというわけです。

ですからあの王子の急な裏切り方やら、オラフのプロット上の必要なさなどは致し方ないと言えますね。個人的には残念とも思いますが、同時にこの判断は素晴らしいとも思います。

そんなわけで生まれた「Let it go」。まさに映画史に残る名曲です。力強く、現代的であり悲しさと希望があります。そのほかの歌も良い曲ばかりです。(ただし最初の氷を切るテーマは微妙・・・)

私はミュージカルというものが苦手なのですが、この映画では楽しめましたね。劇場で1度の鑑賞ですが、今でも曲を覚えているほどに印象深かったです。

「Let it go」。「ありのままで」と訳されみんなが口をそろえていますが、初めてエルサが歌うシーンでは私は感動と共に悲しさを覚えました。

確かにエルサにとっては隠すことをやめて自由になるシーンですが、客観的にみれば女の子が外界との接触を断ち、孤独な城に閉じこもってしまうシーンです。

力の面では解放かもしれませんが、大切な妹のアナとは永遠の別れです。

しかしこの映画それを大事にとっておいてラストでやってくれましたね!

エンディングに「Let it go」を流すんです。しかも中盤のとは違うアップテンポで!

その少し高揚した感じは、力も開放し自分は自由でありしかも今度はみんなと一緒にいられる、というエルサの喜びから来ていると感じました。

同じ曲をしっかり感情によって使うのは全く素晴らしい。

さあこれは個人的ですが、オラフの存在が気になりました。見た目もかわいいしコミカルな言動で楽しませてくれたのは確かです。彼の曲でもちらっと水たまりを見るところなんてかわいらしい。

しかしまずオラフってなんなのか気になってしまいまして。これはエルサの能力にも関連しますが、命を生み出せるということですよね?魔法がどこまでできるのかというラインが良くわかりませんでした。

オラフがプロット進行上要らないというのは前にも書きましたが、まあいるだけで楽しいので良いです!私が残念だったのが、「君のためなら溶けていい」という台詞。

これ自体はすごく感動的でアナに対する想いが泣けます。しかしエンディングでオラフは溶けませんでしたね。そこが・・・

少し感傷的になりますが、オラフが本当に溶けてしまったらあのセリフの重さがぐっと増したように感じます。・・・でもそれじゃ暗いし希望がないか笑

なにはともあれ映画史上リアルタイムに出会うことが難しいような名曲がやってきたわけです。

多くの、世界中の人に愛され続ける歌。それを劇場で聴けただけで大いに意味のあることだったと思います。

意外にも、特に男性に多いですが未見の方はいますね。女の子っぽいとか言わず観たほうが良いですよ。

そんなわけでディズニーより珠玉のミュージカル映画のレビューでした。短編の続編が決まってたと思いますね。

それとクリスマスにはいったいどれだけの人が観るかな?というかクリスマス特別上映とかあるかも。

それではまた~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です