「007 スカイフォール」(2012)

  • 監督:サム・メンデス
  • 脚本:ジョン・ローガン、ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド
  • 原作:イアン・フレミング
  • 製作:マイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリ
  • 製作総指揮:アンソニー・ウェイ
  • 音楽:トーマス・ニューマン
  • 撮影:ロジャー・ディーキンス
  • 編集:スチュアート・ベアード
  • 主題歌:アデル “Skyfall”
  • 出演:ダニエル・クレイグ、ジュディ・デンチ、ハビエル・バルデム 他

かれこれ50年続き、作品としては23作目になる今作。主演は今作で3度目のボンドとなるダニエル・クレイグ。

お馴染みのMであるジュディ・デンチに加え、ハビエルバルデムが悪役です。アントン・シガーVSボンドというわけですね笑

批評家の賛が多く、興行収入的にも世界中で成功を収めていました。

ちなみに私はこれが劇場初007でして、それ以前はDVDかテレビでしかみたことのない人間です。あまり007には詳しくないのです。

 トルコ、イスタンブール。MI6の工作員が殺され、テロ組織に潜入している全NATO工作員の情報が入ったハードドライブを奪われてしまう。

ボンドは女性エージェントのイヴと共に犯人を追い、走る列車の上で戦闘となる。イヴは狙撃を試みるが、二人が揉み合い上手くいかない。

しかし上司であるMは狙撃の強行命令を下す。弾はボンドに当たり彼は谷底へ落ちていく・・・

いつも通りタイトルシークエンス前のひと悶着ですが、こっからすでに期待が高まりました。

追いかけっこや戦闘も迫力ありますが、何よりボンドの仕草でしょう。

列車に飛び乗ってきた後、シャツのカフを直し、スーツを整えるんです。ボンドらしさ溢れる印象でこのどこかおかしいまでのカッコよさが007の魅力であったと再確認です。

そしてAdeleによるSkyfallのオープニング。地獄めぐりのようにダークかつ美しい。歌声も歌も最高です。

壁の穴からのぞく少年の目が、最後はダニエル・クレイグに変わるところ、一番のポイントだと思います。

さて本編の方は一番に言いたいことは画面。美しい。とにかく美しい。

シンメトリーの多用がなんとも綺麗な世界を映していますね。ボンド映画ってやっぱりゴージャスな印象がありますが、それを陳腐にならないようにしつつ画面で説得しているのには驚きです。

それ以外にも光と影の使い方は幻想的。上海の夜、ネオンに照らされながら闇で戦ったり、スコットランドの夜に炎があがりそこに人影が写るなど、視覚的に楽しめる要素が多かったです。

今回もオメガ、トム・フォード、アストン・マーチンだの高級ブランド目白押しですが、押し付けにならない出し方だと思います。プロダクトプレイスメントの置き方の見本。

メイン・ヴィランのシルヴァ。バルデムさんはやはりアントン・シガーが強烈に残っていますが、今回はまた違った意味で狂った、しかも頭のいい敵。

ちょっとテクノロジーに強いようには見えないですがまあいいです。

しかし初登場のシーンは圧巻でしたね。シンメトリーで大きな画面に向こうからずっと歩いてくる。そしてあのネズミのお話。すべてワンカットのバルデムの溢れる魅力と最高の演技でした。

もう一人のボンドというべき存在で、Mの強引さで一度は死んだボンドにとっては、なりえたかもしれないもう一人の自分なわけです。

影の中で、自分の影と戦う。宿命の対決でもあるんですね。

さて新登場のQさん。いままではおじいさんでしたが今回はベン・ウィショー演じる若き天才。

ここは007の現代アップデートとでも言いましょうか、今は技術(Tech)=若者ですからね。昔は技術者は年功がものを言ったので、老練さが大切だったでしょう。それを今風に変えたわけです。

変化自体がそれほどすごいかというとそうは思いませんが、大事な役割になっていると思います。

ボンドとの対比に使えるからです。Qは変わって若々しくなったのにボンドは変わらない。ボンドがよりオールドファッションに見えますね。そしてそこで「ボンドは変わらない」ことが議論の的になるわけです。

「ボンドは変わらない」それはある意味時代遅れ。Mの詩の朗読にあるように、かつてのスパイ物は今では通用しないのかもしれません。

テクノロジーは進化し、諜報員が世界を駆けまわる必要なんてないのでは?そこにこの「スカイフォール」が見事に答えています。

世界には影がある。それこそ以前とは比べ物にならないくらいに深く強い闇。そこで闘えるのはやはりボンドなのです。時代が変わってもその精神は強いまま。007という映画も今なお輝く光。

存在への疑問に見事に答え、己の影を倒しそしてMと離れ独り立ちしたボンド。そこには序盤と違い晴れやかなロンドンが見えます。

そしてボンドは次の任務へ。「喜んで。」見事に復活したボンドはそう言って新たな戦いに赴きます。

いや~傑作。ボンド史上最高と言われるのも納得の出来です。美しさなどの007らしさも示し、現代における007も提示する。ただ今もやるのでなくて成長してくれるんですから最高です。

この先クレイグは2つの007へ出演契約しており、次回作はまたサム・メンデスと組むようで、悪役にはクリストフ・ヴァルツがうわさされてました。その次には昔のJAWS(最近俳優が亡くなられました)のような大柄な悪役を起用しいようです。とにく楽しみです。

そんなわで今回は見事な復活を遂げた英国スパイの映画でした。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です