「或る夜の出来事」(1934)

  • 監督:フランク・キャプラ
  • 脚本:ロバート・リスキン
  • 原作:サミュエル・ホプキンス
  • 製作:フランク・キャプラ、ハリー・コーン
  • 音楽:ルイス・シルヴァース
  • 撮影:ジョセフ・ウォーカー
  • 編集:ジーン・ハブリック
  • 出演:クラーク・ゲーブル、クローデット・コルベール 他

富豪の娘であるエリーは飛行士であるウェストリーとの結婚を望んでいたが、父の猛反対を受ける。気の強い彼女は父の元から脱走。追っ手をまきつつニューヨークへ向かう夜行バスへ乗り込む。

一方落ち目の新聞記者であるピーターはエリーと夜行バスの席を巡ってケンカ。最悪の出会いの二人だったが、続く災難にしかたなく協力し合うことになる。

コメディタッチの巧いキャプラ監督、そこに華やかなゲーブルとコルベールの二人がそろい、作品賞はじめ監督、主演、脚色など5つ獲得しました。

なによりトーキーになってから重要になった、セリフと掛け合いの良さが引き出されている点、そして脚本の秀逸さが光るものです。

キャラの強い男女がお互い反発しつつも最後は結ばれるというスタイルのお手本であり、くすっと笑う演出の数々に終始楽しみながら観れますね。

有名なのはヒッチハイクシーンでしょうか。

親指を立てるその仕草でピーターは得意げに経験豊かなところを出しますが、ここではそれまで余裕ある大人だった彼が失敗するおもしろさがあり、ダメなところもあるからこその愛らしさが増します。そしてチラリと足を魅せるエリーの大胆さ。

無駄のない運びにそれぞれの人間味がとてもわかりやすく押し出され、とにかく軽快で愉快なところです。

当時のハリウッドロマンスを感じられる、男女関係の描写。プライドと純潔のためのジェリコの壁。

直接的なラブシーンがかなり制限されていたのを感じられます。

キャプラ監督らしい、アメリカの良き時代の愉快な市民。出てくる脇役の上司や父親に、乗り合わせた客たち。アメリカ映画がかなり無邪気でいられた時代だったのでしょう。

一直線に楽しいスクリューボールコメディ。うまい台詞回しにテンポよく笑いあるストーリー運びは、色褪せることなくいつまでも楽しめるものです。まさにこのジャンルでのお手本と言える完成度と思います。

ロマンティックコメディが好きなら1度は見ておいてほしい1本です。

というわけでクラシックな1本をレビューでした。ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です