「マザーレス・ブルックリン」(2019)

  • 監督:エドワード・ノートン
  • 脚本:エドワード・ノートン
  • 原作:ジョナサン・レサム『マザーレス・ブルックリン』
  • 製作:エドワード・ノートン、ロバート・F・スミス、ビル・ミリオーレ、レイチェル・シェーン、マイケル・ベダーマン、ジジ・プリッツカー
  • 製作総指揮:エイドリアン・アルペロヴィッチ、スー・クロール、ブライアン・ニランジャン・シェス
  • 音楽:ダニエル・ペンバートン
  • 撮影:ディック・ポープ
  • 編集:ジョー・クロッツ
  • 出演:エドワード・ノートン、ググ・バサ=ロー、ウィレム・デフォー、アレック・ボールドウィン、ボビー・カナベイル、ブルース・ウィリス 他

motherless-brooklyn-movie-edward-norton-2019

俳優として活躍するエドワード・ノートンが、1999年発表のジョナサン・レサムによる同名小説を映画化。

1950年代の近代都市化が進むNYCで恩人殺害の謎を解こうとする探偵のノワール物語。

ノートン自身が主演と脚本を担当。またググ・バサ=ロー、ウィレム・デフォー、アレック・ボールドウィンにブルース・ウィリスと名優が揃っています。

原作は知らないのですが、ノワールが好きなのと演者が素敵なので鑑賞しました。

あまり目立っていない気もしますんで、入りはそこそこくらいでしたね。若い人は全然いませんでした。

motherless-brooklyn-movie-edward-norton-2019

1950年代ニューヨーク、私立探偵フランク・ミナの事務所で働くライオネルは、チック症のために交渉には不向きだったが、切れる頭脳と記憶力で重用されていた。

ある日の仕事で、フランクは依頼人ともめた挙句、銃撃されてしまう。フランクはライオネルに「フォルモサ」と言い残して亡くなってしまうのだった。

恩人の死を悼み、何よりもなぜ彼が殺されることになったのか、ライオネルは最後の仕事で見聞きしたこと、フランクの所持品を手掛かりにニューヨークの街を歩き回ることになる。

motherless-brooklyn-movie-edward-norton-2019

空気が良かったです。時代設定もそうですけど、50sNYCノワールが映画館で観れるだけで私はすごくうれしかった。

今どきにしてはすっごくスローペースで展開されていくので、退屈だと思う人もいるかもしれませんけど、このトーンとか探偵もののジャンルが綺麗に残っている気がして。

セットや衣装、ライティングなどとにかくプロダクションデザインが素晴らしいですね。

本当に空気を吸って、この街をライオネルと一緒に答えを求めて歩き回る感じ。映画が終わってもずっとこの中に残っていたいような。

脚本に関しても展開やキャラクターも含めてスタイルが古風です。個人的にはこれがとっても好きです。

バカデカい大男の殺し屋とか、久しぶりです。ゴールデングローブ賞にもノミネートしましたが、ダニエル・ペンバートンの音楽は素晴らしいですね。

motherless-brooklyn-movie-edward-norton-2019

実は原作の設定では舞台は1990年代だそうで、しかし今作映画化に関して、ノートンはノワール的な雰囲気から戦後、NYCが近代化する激動的な50年代を舞台に変更しています。

この設定変更は今作のルックを決定づけるとともに、アメリカの先進都市たるNYCつまりアメリカの未来が決まる瞬間を、私たちの生きる現在とオーバーラップさせる点で非常に効果的に感じました。

アレック・ボールドウィン演じる「アメリカを偉大」”Make America Great”にする男モーゼス・ランドルフ。ボールドウィンのパワフルな演技も見事です。

このキャラは原作にはいないようで、時代設定の変更によって、アメリカの黄金時代の暗部代表として登場しているそうです。

ランドルフは実在のNYメガデベロッパー、ロバート・モーゼスをモデルにしています。

公共交通機関よりも橋や駐車場の建設を進め、多くの人々を転居先の用意なしに排除。

差別と貧困化を押し付けて大開発をすすめた権力に執着する様は、まさにランドルフそのものですね。

motherless-brooklyn-movie-edward-norton-2019

私立探偵が一つの仕事が原因で、政治や市政、開発にアメリカの時代変遷やあり方までを巻き込む話に足を突っ込んでいく。

自分はスタイルがヒッピーではありますがPTA監督の「インヒアレント・ヴァイス」を思い出しました。

そしてそちらと同じく、このアメリカの今を決定づける際に起きていた差別と社会格差は、現代のNYCひいてはアメリカに響いてきます。

そもそもモーゼスのキャラは、人種差別的かつ権力主義であの人を連想しましたし。

アメリカの未来が詰まった街。NYCは非常に厳しい人種差別と、人道に反するようなコミュニティの排除から創られ発展していく。インディアンを駆逐していたころと何ら変わりない。

motherless-brooklyn-movie-edward-norton-2019

今作はそんなアメリカ史においてかき消されてきた人々に、声を与えるような作品でしょう。

住んでいた場所を追いやられスラムを生み出された人々。差別され虐げられてきた者。

チック症でうまくコミュニケーションが取れないライオネル。彼も声を上げにくい存在。

居場所を与えられたが恩人を奪われた。同じように出自に苦しむローラを想い、二人が結びつくのは切なくも美しかったです。

国家の根幹を揺るがず大逆転でもなければ、正義の鉄槌を下すわけでもありません。ただ、大切な人を守る、そして恩人の生を無駄にしないこと。

小さな勝利はすっごく個人的で、そこが好きです。

私立探偵、陰謀、殺し屋に狙われた女。50sのNYCやノワールというジャンルが好きかどうかが大きいかと思いますが、ルックや空気、音楽は素晴らしい出来。

演者の力は確かですので、彼ら見たさでもお勧めできる作品でした。

今回の感想は以上。

さいごまで読んでいただき、どうもありがとうございました。

それではまた次の記事にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です