「戦艦バウンティ号の叛乱」(1935)

  • 監督:フランク・ロイド
  • 脚本:タルボット・ジェニングス、ジュールス・ファースマン、ケイリー・ウィルソン
  • 製作:アーヴィング・タルバーグ、アルバート・リューイン、フランク・ロイド
  • 音楽:ハーバート・ストサート
  • 撮影:アーサー・エディソン
  • 編集:マーガレット・ブース
  • 出演:チャールズ・ロートン、クラーク・ゲーブル、フランチョット・トーン 他

イギリス海軍史に残る船乗りの叛乱事件。それを基にした小説を映画にしたものです。

ゲーブルとロートンが共演し画は華やかです。

監督には海洋ものを撮っていたフランク・ロイド。この作品は第8回目のアカデミー賞で作品賞を受賞しました。

18世紀、イギリスからタヒチに向けて船が出される。パンの木を入手するためであった。

しかしその船長であるブライはサディスティックで、船乗りを酷使し虐待的な待遇を与えていた。

船乗りたちは船長を嫌い、No.2であるクリスチャンを頼るようになる。また彼自身も船長の行為には我慢ならなかった。

彼らがタヒチに着きしばらくして、英国海軍史に残る反乱が始まる。

この映画での突出した人物。チャールズ・ロートン演じる意地悪なブライ船長です。

ロートンは「ノートルダムの背むし男」(1939)や「凱旋門」(1948)、「スパルタカス」(1960)を見ましたね。

もちろん彼の唯一の監督作「狩人の夜」(1955)は私のお気に入り。

ここではとにかく悪い船長を憎たらしさ満点に演じています。海を良く知っていながら、人の扱いを知らない男です。叛乱後の復讐への執着は恐ろしいものです。

史実として伝わるものをなぞってはいますが、映画的娯楽性のためか、人物を脚色したようです。

この映画では悪の船長に正義が反乱を起こし、その勇敢な行為が海軍の規律を改善した。というようになっています。しかし、歴史上はもっと現実的な人間ドラマだったようです。

船長の性格やクリスチャンらの叛乱動機。

それでも海洋物語として十分楽しめます。船乗りたちがあくせくと働くさま、荒れ狂う海の描写。

ゲーブルの荒っぽいかっこよさもロートンの残酷な船長姿も。

船上、海上ドラマのひとつとしておススメです。

それでは以上、また次に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です