「ザ・ベビーシッター」”The Babysitter”(2017)

The-Babysitter-2017-movie 映画レビュー

「ザ・ベビーシッター」(2017)

The-Babysitter-2017-movie

作品概要

  • 監督:マック・G
  • 脚本:ブライアン・ダフィールド
  • 製作:マックG、メアリー・ヴィオラ、ザック・シラー
  • 製作総指揮:ブライアン・ダフィールド
  • 音楽:ダグラス・パイプス
  • 撮影:シェーン・ハールバット
  • 編集:ピーター・グヴォザス
  • 出演:サマラ・ウィーヴィング、ジュダ・ルイス、ベラ・ソーン、ロビー・アメル、アンドリュー・バチェラー、ハナ・メイ・リー、エミリー・アリン・リンド 他

「チャーリーズ・エンジェル」シリーズや「ターミネーター4」を手掛けるマックG監督が、ベビーシッターの本性を知ってしまった少年と、彼を狙うシッターと仲間たちからのサバイバルを描くホラーコメディ。

主演はジュダ・ルイス、シッター役は「レディ・オア・ノット」などで活躍するサマラ・ウィーヴィング。

また、主人公の友達は「ドクター・スリープ」などのエミリー・アリン・リンドが演じています。

その他ベラ・ソーンや「ピッチ・パーフェクト」シリーズのハナ・メイ・リーらが出演しています。

もともと2015年には撮っていたらしく、しかし公開はネットフリックスが配給権を購入したことなどもあって2017年になりました。

年末年始の中でNETFLIXにあったので鑑賞してみました。

~あらすじ~

The-Babysitter-2017-movie

12歳のコールにはベビーシッターのビーがいる。

両親が出かけることが多く、ビーはコールの良き友人としていじめっ子から彼を助けたりしてくれる。

ある日両親が二人だけの休暇を過ごすことになり、コールはビーと一緒に一晩過ごすことになった。

遊びまわったコールだったが、自分が寝ているときにビーが何をしているのか気になり、寝たふりをしてそっと、深夜に階下をのぞき込む。

そこではビーが友人たちを招いて酒を飲んでゲームをしていたのだが、ビーが一人の青年にキスをしたかと思うと、頭にダガーを突き刺したたのだった。

作品概要

The-Babysitter-2017-movie

サマラ・ウィーヴィングのアイドル映画

今作をそもそも何で観たのかって、それはサマラ・ウィーヴィングがいるからです。

「レディ・オア・ノット」で初めて見た彼女ですが、なんか絵にかいたような可愛く美しい人ですよ。

「ガンズ・アキンボ」でもぶっ飛んだ役を演じていた彼女ですが、それまでは映画においては結構脇であったのが、今作でかなりメイン配役になっていたのですね。

で、今作はサマラ・ウィーヴィングを堪能するための映画なのかと思います。はっきり言ってアイドル映画なのです。

イケてるデニムホットパンツ、赤が映えるビキニ姿。写真集の撮影かと思うくらいに彼女にフォーカス。

もちろん、主人公のコールから見て輝かしくあこがれの存在という意味で引き立つ必要もあるのですが、華がありますね。

正直なところ、サマラの大きなブルーの瞳が美しすぎて話が入ってきません。

まあそれくらい彼女が魅力的に光る作品です。

バカスプラッタ

さて、映画の中身ですが、個人的にはノリは「ハッピー・デス・デイ」とかを思い出しました。

The-Babysitter-2017-movie

悪魔崇拝カルトとかいいつつ、集まっているのがアホタレばかりなのです。

サマラ演じるビーだけはやや聡明そうですが、集めたメンバーがなんとも奇怪です。

ロビー・アメルは終始上裸。その理由をコールが聞いても「体を見ればわかるでしょ」のみ。まあわかりますけど。

ベラ・ソーンに至っては典型的セクシーおバカです。おっぱいに栄養が吸われて脳が発達していない感じ。

それぞれが絶妙に中身がないので、スプラッタで殺戮されても重くなりません。

良くも悪くも軽い

殺戮方法についてもそれぞれバリエーションを持たせています。まあ軽いノリで観ていくような映画であり、時間も短いので暇つぶしには良いのかもしれません。

正直ベビーシッターという要素や関係に深堀やテーマへの投影もあまり感じず、利己的なビーたちと他を思いやれるコールの対比なんかがあっても良かった気がします。

アイディア一発勝負すぎるんですよね。

いずれにしてもサマラ・ウィーヴィングを光らせる作品であることは間違いなく、彼女の魅力に浸りたいなら鑑賞を。

「ハッピー・デス・デイ」「ザ・スイッチ」のような楽しさと懐の深さを求めると肩透かしを食らう作品とだけは言っておきます。

今回は短めですが、このくらいで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました