どうも、こんばんは。

今回はもうレビューではないのはお分かりかと思います。

ほんとについ1時間ほど前ですが、第91回、2019年アカデミー賞のノミネート作品が発表されましたね。

今回はそのまとめとなります。果たしてどの作品がノミネートを果たしたのか・・・!

2019年アカデミー賞ノミネート発表

作品賞

主演女優賞

  • ヤリッツァ・アパリシオ「Roma/ローマ」
  • グレン・クローズ「天才作家の妻 40年目の真実」
  • オリヴィア・コールマン「女王陛下のお気に入り」
  • レディ・ガガ「アリー/スター誕生」
  • メリッサ・マッカーシー「キャン・ユー・エヴァー・フォーギブ・ミー?」

主演男優賞

監督賞

  • スパイク・リー「ブラック・クランズマン」
  • パヴェウ・パヴリコフスキ「コールド・ウォー」
  • ヨルゴス・ランティモス「女王陛下のお気に入り」
  • アルフォンゾ・キュアロン「Roma/ローマ」
  • アダム・マッケイ「ヴァイス」

助演男優賞

  • マハーシャラ・アリ「グリーンブック」
  • アダム・ドライバー「ブラック・クランズマン」
  • サム・エリオット「アリー/スター誕生」
  • リチャード・E・グラント「キャン・ユー・エヴァー・フォーギブ・ミー?」
  • サム・ロックウェル「ヴァイス」

助演女優賞

脚色賞

  • 「バスターのバラード」
  • 「ブラック・クランズマン」
  • 「キャン・ユー・エヴァー・フォーギブ・ミー?」
  • 「ビールストリートの恋人たち」
  • 「アリー/スター誕生」

脚本賞

撮影賞

プロダクションデザイン

衣装賞

編集賞

外国語映画賞

  • 「カペナウム」(レバノン)
  • 「コールド・ウォー」(ポーランド)
  • 「ネバー・ルック・アウェイ」(ドイツ)
  • 「Roma/ローマ」(メキシコ)
  • 「万引き家族」(日本)

ドキュメンタリー

  • 「Free Solo」
  • 「Hale County This Morning, This Evening」
  • 「Minding the Gap」
  • 「Of Fathers and Sons」
  • 「RBG」

ドキュメンタリー(ショート)

  • Black Sheep
  • End Game
  • Lifeboat
  • A Night at the Garden
  • Period. End Of Sentence

アニメーション賞

アニメーション(ショート)

  • Animal Behaviour
  • Bao
  • Late Afternoon
  • One Small Step
  • Weekends

ショート

  • Detainment
  • Fauve
  • Marguerite
  • Mother
  • Skin

作曲賞

主題歌賞

視覚効果賞

メイクアップ&ヘアスタイリング

  • 「Border」
  • 「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」
  • 「ヴァイス」

音響

NetFlix映画の「Roma/ローマ」、ランティモス監督新作「女王陛下のお気に入り」が最多10部門ノミネート

結果としては、アルフォンゾ・キュアロン監督の「Roma/ローマ」とヨルゴス・ランティモス監督の「女王陛下のお気に入り」がそれぞれ10のノミネート、それについで「アリー/スター誕生」が8つのノミネートという形になりました。

「Roma/ローマ」は外国語映画であり、作品賞でもあり、そして「女王陛下のお気に入り」ではオリヴィア・コールマン、エマ・ストーン、レイチェル・ワイズがみんなそろってノミネート、エマとレイチェルがスクリーンの外でも競うのが面白いw

運よく私はこの最多ノミネート作品をどちらも東京国際映画祭で見ることができたので、今回は自分なりの比較ができそうです。

また「アリー/スター誕生」も強く、主演男優と女優、にサム・エリオットが助演男優とメイン演者がみんなノミネートですね。

個人的に推している「ブラックパンサー」も衣装や音楽そして何より大きな作品賞ノミネートです。アメコミ映画で作品賞ノミネートって歴史上はじめてじゃないでしょうかね?

やはりアニメ部門では、スパイダーバースに頑張ってほしいですし、スパイク・リーの「ブラック・クランズマン」もより楽しみになって来たり。発表が待ちどおしくもあり、また発表前にノミネート作品をたくさん見たいとも思いますね。

サプライズとノミネート漏れ

ブラッドリー・クーパーの監督賞ノミネート

たくさんのノミネートがあった反面、今回確実ではないかと言われた、ブラッドリー・クーパーの監督賞ノミネートがありませんでしたね。これまでかなり批評家の人気を得ていたと思ったのですが・・・

助演男優マイケル・B・ジョーダン、ティモシー・シャラメ

また、前から話題が出ていた点では、「ブラックパンサー」のマイケル・B・ジョーダン、「ビューティフル・ボーイ」のティモシー・シャラメのノミネートもありません。ブラックパンサー推しの私としては、ライアン・クーグラーに関東賞ノミネートも欲しかった・・・

ゴールデングローブをとったジャスティン・ハーウィッツ

そして作曲賞にてはゴールデングローブ賞受賞に至った、「ファースト・マン」のジャスティン・ハーウィッツはノミネートすらないという状況です。

2018年批評家のお気に入りたちも・・・

また外国語映画賞ですが、いろいろな批評紙や批評家の昨年のベストに入っていた「バーニング」も入りませんでしたね。それをいうと、愛されている「クレイジー・リッチ」もノミネートなしですね。

ベストや注目作、話題の大きさだけでは予測できないものですね。

あと個人的な点でいうと、「ミッション:インポッシブル フォールアウト」のノミネートも欲しかったです。特にロブ・ハーディの撮影は、もちろんアクションも素晴らしいですが、風景ショットも非常に美しかったですし。

授賞式は現地2/24(月)、日本時間では2/25(火)午前開始

皆さんはノミネートのなかでどれを観ましたでしょうか、またどれが観たい、受賞してほしいでしょうか。

授賞式は現地時間で2/24、日本だと25午前中かな?に行われます。映画賞レースの一番のお祭りです。

なんにしても、こういう大きなイベントを通して、知らなかった作品と出会ったり、自分の好きを強くしていくのが一番楽しいと思っているので、今から楽しみです。

今回はノミネート紹介だけの記事でした。また発表時にも記事にしようと思います。それではまた~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です