「ウォーリアー」(2011)

  • 監督:ギャビン・オコナー
  • 脚本:ギャビン・オコナー、アンソニー・タンバキス、クリフ・ドーフマン
  • 製作:ギャビン・オコナー、
  • 音楽:マーク・アイシャム
  • 撮影:マサノブ・タカヤナギ
  • 編集:ショーン・アルバートソン、マット・チェス、ジョン・ギルロイ、アーロン・マーシャル
  • 出演:トム・ハーディ、ジョエル・エドガートン、ニック・ノルティ 他

2011年に公開され、ニック・ノルティがアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた総合格闘技を舞台に兄弟の戦いを描く本作。

しかし公開時の興行収入でコケてしまい、口コミの広がりとDVDセールスで注目されるまでは認知がイマイチでした。

日本での公開が無かったのは興行の心配や、日本での人気俳優がいないことでしょうか?

今でこそ、主演のトム・ハーディは「ダークナイト ライジング」(2012)のべインを演じ、この先公開される「マッド・マックス」新作の主演も決定している注目の俳優ですし、ジョエルも「ゼロ・ダーク・サーティ」(2012)に出演、リドリー・スコット監督の新作「エクソダス」にも出演します。

とにかく、ライジングスターが共演し、ノルティのベテラン感も引き出された作品で、日本公開されなかったのが残念です。でもいつかスクリーンで観たいなぁ・・・

父のアルコールと暴力が原因で離散した家族。母、兄弟は父から離れていたが、ある日弟のトミーが父の家に帰ってくる。過去を語らず、母の死だけを告げる彼はしばらく父のもとで生活を始める。

一方兄ブレンダンは父と離れた後家庭を持ち、娘たちと幸せに暮らしている。高校の教師である彼だが、家のローン返済に苦しみ、一度はやめたケージファイトで少しでも稼ごうとしていた。

そんなとき総合格闘技の大会が開かれる。ブレンダンは賞金のために、そしてトミーもまた何かを考え格闘技の世界へ。離れていた兄弟がここで再び出会う。

トレーラーで観るとなんかその手のファイト映画に見えるんですが、お話自体はどちらかと言えば家族ドラマかと思います。

ややサブプロットが余計にあって消化していなかったり、動機づけが分かりにくかったりしますが、引き込ませる力はあります。終盤には完全に見入っていました。

スポーツ映画で大切なのは、いかにそれらしく見せるかだと思っています。

その点でこの映画は納得の迫力があります。目につくのは鍛え上げられた体で、ジョエルもムキムキですが、トムの体は恐ろしいくらいに鍛えられていますね。

彼自身そこまで背が高くは無いですが、ものすごい迫力です。まさに闘うための体。

俳優たちに加え実際の格闘技選手らを集めているので、ファイトシーンもリアル。パンチ、キックの打撃、投げ技に固め技、そしてマウントを取っての猛攻は凄まじい!

かなり怪我をしたらしく、撮影中の通院もしばしばあったそうで、その努力のおかげで素晴らしいファイトになっていると思います。

ファイトの迫力に試合の大切さが加わるといいですね。

その戦いに意味を持たせるというか。

父の贖罪を果たそうとする姿。ニック・ノルティは素晴らしい演技で、ただ兄弟再会のきっかけだけに終わらないドラマを見せてくれます。

兄ブレンダンは今ある家族を失いたくない。自分のせいで家族が家を失う、共に暮らせなくなる。父のようにはなりたくないのです。

トミーは家族を失いました。父は家庭を怖し、兄は去ってしまった。海兵隊で新たに得た兄弟たち。その家族のために闘います。

力不足で母を救えなかったこと。父のようになりたくないのは彼も同じでした。

それぞれ家族のため戦う兄弟ですが、相手も家族なんです。

クライマックスの兄弟の戦いは感動もので、熱く切ない。

感動のスポーツドラマで、総合格闘技を舞台にドラマを織りなす本作。

ラストの5分くらいは、台詞も一切なく、ただビジュアルと音楽だけで絞めていく。

個人的にはかなりおススメです。輸入盤BDなど手に入れるのは比較的簡単なのでできれば観て欲しいです。それよりいまからでも日本公開を・・・

今回はスポーツ映画の感想紹介でした。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です