「ミスティック・リバー」(2003)

  • 監督:クリント・イーストウッド
  • 脚本:ブライアン・ヘルゲランド
  • 原作:デニス・ルへイン
  • 製作:クリント・イーストウッド、ジュディ・ホイト、ロバート・ロレンツ
  • 製作総指揮:ブルース・バーマン
  • 音楽:クリント・イーストウッド
  • 撮影:トム・スターン
  • 編集:ジョエル・コックス
  • 出演:ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケビン・ベーコン 他

イーストウッド監督が名優を集め作ったミステリーで、ショーン・ペン、ティム・ロビンスがそれぞれ主演と助演の男優賞を勝ち取りました。

作品賞にはちょっと暗すぎでしょうか?監督賞も逃しました。

イーストウッドが普遍的に描く「暴力」をテーマにしている映画だと思います。

ボストンの通りで3人の少年が遊んでいた。ジミー、デイブ、ショーン。そこに警官と名乗る男が現れデイブを車に乗せていく。

そして悲劇の後、少年たちはお互い疎遠になっていた。

何年か経ち、3人は再開する。

ジミーの娘が殺害されたのだ。容疑者はデイブ。そしてその捜査には刑事となったショーンがあたることに。

悲劇で別れた彼らがまた、悲劇で再開する。

もちろん演技は良いです。ティム・ロビンスの不安定さが私はすごく好きで、まさに暴力によって人として壊されてしまった、悲哀や怒りを感じます。

経歴からは怪しくみえ、刑事他彼を疑うのですが、観客は同じく疑いつつ信用するようなバランスがあります。

またショーン・ペンの罪を背負っていく姿も印象的。

ちなみに、警官隊に彼が押さえつけられるシーンは本気で暴れているらしいです。

初めは「4,5人が抑えるから本気で抵抗してくれ」とイーストウッドが言ったのですが、ショーンは「誰かに怪我をさせたくない」と遠慮していました。

それでもイーストウッドは「暴れてくれ」とだけ言い、いざ撮影。すると10人以上がショーンにつかみかかり、本気で暴れても動けなかったそうです。

お互いにうまくアレンジに呼応できたと語っていました。

 さぁ雑談レベルですが、この映画には私のすきなイーライ・ウォラックが出演しているんです!

今年夏に亡くなってしまった名優です。ありがとうそしてさようなら。R.I.P Eli Wallach.

ここでは酒屋の店主を演じていて、イーストウッドとは「続・夕陽のガンマン」(1966)で共演し、「荒野の7人」(1960)では印象の強いメキシカンギャング、カルベラを演じました。

舞台での活躍がおおく、エミー賞も受賞、アカデミー名誉賞ももらった方です。

映画に戻りますと、やはり「暴力が」いかにして人を飲み、病気のように広がるのかを描いていると感じるんです。

何年も前の事件がデイブを怖し、悩ませ続けた。デイブ本人が言うように、もうデイブはいない。1度「暴力」が体に入ると目覚めたとき元には戻れない。それはずっと心に居続けるのです。

そしてそれは新たな「暴力」を生み、まわりを蝕んでいく。

絶対に終わりはないのです。いかに理由をつけても、罪滅ぼしをしようとしても消えることはなく、ただジミーのように背負っていくしかない。洗い流して綺麗になるはずがないんですね。

映画は正義が行われず、罰もなく、悲劇で終わります。それが気に入らない人もいると思います。

罪を犯した人間が裁かれない。最後のパレードがよけいにやるせなさを増します。

しかし、結局「暴力」に関わった人間すべてが、それを抱えていくんです。

この世に赦しは無いのかもしれません。裁判も刑罰も形式でしかなく、それで「暴力」を終わらせることはできないのでしょう。

だからこそ生み出してはいけない。それが私の感じるメッセージでした。

1度観たらもう見たくないなんて人もいますが、教訓のように見直してしまいます。

あんだけアウトローとして人を打ち殺した役のイーストウッドが撮るあたり立派です。

「許されざる者」(1992)でもそうですね。

イーストウッドの核心のような映画です。

それでは今回はこれで。また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です