2022年映画ランキングベスト10 My 10 Best Films of 2022

My-10-best-movies-2022 映画ランキング

2022年映画ランキングベスト10

2022年もあっという間に過ぎ去り、またこの時期がやってきました。

この1年間を振り返っての総選挙。

2022年には大注目のあの大作が満を持して公開したり、スーパーヒーロー映画も一つの到達点を迎えたり、往年の名作の続編が出てきたり、あの監督の新作が公開されたり・・・

まあ毎年そうなんですが、いろいろとありました。

そんあ1年のまとめとして、個人的に好きな作品を10本に絞ってランキング形式で残します。

対象は今年映画館で観た新作映画として、リバイバルや配信公開は除きます。配信作品でも一部劇場公開のものは入れるかもですが。

あと、映画祭の作品は一般公開ではないとして除きます。

2022年個人的映画ランキングベスト10

いつもは各作品をそれぞれ振り返るのですが、今年は総括で簡単に全体の振り返りとしていきます。

アクション!

rrr-movie-capture-2022

まずプラくティカルさが光ったアクション映画がトップ2に輝きました。

正直なところ「トップガン マーヴェリック」「RRR」も甲乙つけがたいです。

私としては同率で1位としたいのですが、おそらく「トップガン マーヴェリック」は世間認知が非常に高く、普段映画をあまり観ない人でもなどトップガンは観た!という人が多かった印象です。

一方で公開規模はこれまでのインド映画に比べて広がったものの、トップガンに比べればかなり小さかった「RRR」

後押しというか応援の意味も込めて1位ということにしました。

両者感じたのはアクションというものこそ映画の根源であること。

映画とは映像言語です。所作、目線、すべてのアクションがとビジュアルが物語を紡ぎ、文化や口頭言語の壁を超えていく。

その意味でアクションに牽引され感情を揺さぶってきたこの2作との出会いはかけがえのないものでした。

観客の人生最高の時間を

topgun-maverick-2022-movie

とにかく観ていてずっと楽しかった。

そしてこの2、3時間という人生の中の短い時間を、最高のものにするために、ラージャマウリ監督やトム・クルーズといった映画人たちはごまかすことなく身体をはってみせる。

観客に楽しんでもらう。映画という芸術(映像言語)と、映画というエンタメが両面で磨き上げられていて、観客と会話してくれる。

この上なく幸せです。

女性たちの物語

L'événement-happening-2021-movie-french

この数年は特にベストを決めると共通してみえるのが、映画における女性たちの物語が多く描かれるようになったこと。

網羅しているわけではないですが、よく観ていてそして素晴らしい作品が多いです。

今年は身体的・心理的な負担をボディホラーの恐怖として体感型で描き出すオードレイ・ディヴァン監督の「あのこと」があり、さらに有害な男性性との戦いではアレックス・ガーランド監督の「MEN 同じ顔の男たち」もありました。

女性の生きにくさは昨年の「17歳の瞳に映る世界」「プロミシング・ヤング・ウーマン」に続いて、今年も非常に切実なテーマになっていたと思います。

加えて年末には「Never Goin’ Back/ネバー・ゴーイン・バック」という自然体ガールズエンパワーメント映画にも出会えましたし、ある程度の長い映画の歴史でまだまだ語られていない女性の話、視点がこれからも多く描かれることを楽しみにしています。

癒しや解放

spencer-movie-kristen-stewart-2021

その他、ジャスティン・カーゼル監督がこれ以上ない手法で完璧なバランスの銃乱射事件映画「ニトラム/NITRAM」を作り上げ、それは忘れがたいためベストにランクイン。

ただ、他はやはりこの映画という芸術を通しての癒しや解放が好きでした。

クリステン・スチュワートが光っているパブロ・ラライン監督の「スペンサー ダイアナの決意」

「ザ・メニュー」のラストにも共通しますが、ファーストフードは人を救う。

解放の意味では、愛の自由さを描いた2つのフランス映画「パリ13区」「TITANE/チタン」既成概念をそして私自身を変容させる力強さを持っていました。

癒しでいえば理不尽さに向き合わせてくれる「ライダーズ・オブ・ジャスティス」はマッツ・ミケルセン含めて素晴らしかった。

いろいろと楽しかった

アメリカの縮図たる「Zola ゾラ」、驚異のショーであった「NOPE/ノープ」、最高にトラウマでしばらく引きずった「女神の継承」

珍妙さでは「アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド」とか「地下室のヘンな穴」なんかもおもしろかった。

劇場公開以外でも、配信なら「PASSING 白い黒人」とか「アンヌ+THE MOVIE」「社会から虐げられた女たち」「ギレルモ・デル・トロのピノッキオ」「西部戦線異状なし」そしてクリスマス配信の「ナイブズ・アウト グラス・オニオン」・・・挙げるときりがないですね。

とにかくいろいろな作品に出会うことができて、そして感動し勉強になりました。

あんまり・・・な作品ももちろんありますけど、やっぱり映画を見るのはやめられないでしょう。

来年にはマイケル・B・ジョーダン監督デビューでもある「クリード3」やら、キアヌの到達点にしてドニーさんと真田さんも集まる「ジョン・ウィック4」、MIシリーズ新作にトランスフォーマー、インディ・ジョーンズ、ノーランの「オッペンハイマー」など様々な期待作も。

もちろん、海外での賞レースで名を聞く「エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」、「ター」なんかも楽しみ。

とにかく、皆さんも自分自身にとってのベストと出会えると良いですね。

だらだらしていると締まらないので、ここにて終わります。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました